クラウド版 運行支援システム

指示らくネット for トラック

日報アプリ

スマートフォン・タブレットを用いた
日報作成・動態管理・安否確認

簡単なタッチパネル操作で日報を作成することができます。
滞在した場所のマップを確認しながら、いつでも日報を作成することができるので、乗務員のボタン押し忘れ問題からも解放されます。

システム画面の表示サンプル

システムの特徴FEATURE

基本機能

01.ログデータ記録機能開く

  • 走行履歴から滞在していた場所がマップで表示されます。
  • 滞在場所のマップをタップする事で日報を作成可能です。
  • リアルタイムでも後からでも日報を作成することが可能となります。
  • 積卸や休憩場所が位置情報と共に保存されます。

02.日報入力機能開く

  • 配送先や休憩地点、高速道路通行料金、給油の情報を、簡単なタッチパネル操作で入力することができます。

03.管理機能開く

  • 完成した日報データはデータセンターへ送信され、管理部門と共有。即時に請求処理や損益分析の作業を開始する事が可能になります。
  • 事務作業員との書類の受け渡しやデータ入力の手間をなくすことで、事務作業員の時間・労力を削減。

04.その他機能開く

  • 運行計画


    蓄積された走行履歴を活用し、運行指示書を素早く生成する事ができます。
    最新の道路状況、大型車が駐車しやすい休憩・休息ポイントなどを指示書に反映可能です。

  • 動態管理


    誰がどこにいるのかGoogleマップ上で確認することができます。
    メッセージ送信機能で積卸作業や、渋滞情報などを情報共有する事ができます。

  • 安否確認


    管理者よりドライバーの安否確認を行う事が可能です。
    送信先を選択し安否確認を行うことができます。
    アプリ側ではアラームと共に安否確認画面が表示され、ボタンが押されるまで表示されます。

メリットMERIT

  • 事業所に戻る必要が無い

    アプリからどこでも日報報告が可能なので、事業所に戻ることなく、日報報告が可能になります。

  • いつでも日報入力が可能

    リアルタイムでの日報入力操作を忘れてしまった場合でも、走行履歴(地図)から積卸場所を選択することで、後から日報入力を行う事が可能です。

  • 報告内容の統一化

    日報が定型フォーマットで書き出されるので、報告内容の統一化が可能です。

  • 精度が高いデータの取得

    作業/休憩場所と位置情報が紐づき精度が高いデータを保存できます。アプリ利用により、領収証画像ファイルなど車載器では取得できない情報についても取得することが可能となります。

  • 日報入力の手間が削減

    データで管理できるので、事務員の入力の手間を削減することが可能です。一度に大量の処理だった日報処理も分散されます。

  • 経営のスピード感を高める

    日報データを利用し、トラック1台毎の採算性を即時確認可能となりルートや人件費、リードタイムなどを即時に見直すことが可能になります。

©2018 Google LLC、許可を得て使用。GoogleおよびGoogleのロゴは、Google LLCの登録商標です。

利用者の声

日報アプリをご利用いただいているユーザー様が物流ニッポン新聞社の物流ニッポンに掲載されました。

クラウドシステム開発

サービスについての資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

アウトソーシングに関するご相談
092-588-9380

クラウドシステムに関するご相談
0942-87-3114

<<<<<<< HEAD ======= >>>>>>> a64ec51a3ec4fa0340a36463b8b0bf9e760d8bc5