クラウド版 運行支援システム

指示らくネット for バス

Googleマップで作成したルートから見積書や指示書等必要な資料がらくに出力

地図上で運行ルートを作成して行きます。一度のルート作成で、見積書、行程表、引受書、指示書を出力することが出来ます。

システム画面の表示サンプル

システムの特徴FEATURE

基本機能

01.Googleマップで運行計画をらくに作成開く

  • 行き先は地図上で登録。
  • 一度登録した行き先はマスタへ保存が可能。
    次回はマスタから呼び出して登録。
  • 作成したルートの変更、追加等は自由に編集。
    ルートを保存することも可能。
  • 運行管理者のルート作成のノウハウをシステム化。
  • 区間ごとに高速/一般の切り替えが可能。

02.ルート間の距離・時間を自動計算開く

  • 登録した地点間の距離・時間を自動で表示。
  • 出発時刻を設定することで各地点の到着時間が自動計算。
  • 1地点の到着時刻を設定することで出発時間が自動計算。
  • 長時間の運行や拘束時間はアラートで表示。

03.手間だった休憩地もらくに設定開く

  • SA/PAなどの休憩地点をマップ上の候補地から選択。
  • よく利用する休憩地はマスタ登録することで、次回より
    らくにセットが可能。

04.最新の運賃体系に基づいた料金算出開く

  • 作成した運行計画の上限額/下限額が自動で算出。
    内訳の表示も可能。
  • ルート作成と同時に見積書・行程表も作成。

05.運行計画と連動した引受書・指示書を出力開く

  • 受注ステータスを変更することで運送引受書・指示書を出力可能。
  • 引受書・指示書はエクセルでダウンロードされるため、自由に編集することが可能。

06.集計機能開く

  • エージェント、車両ごと等に売上金額が自動集計。
  • 運輸局へ提出する『月次報告集計』も自動で計算。

プレミアム機能(オプション)

01.スケジュール一覧・点呼簿の出力開く

  • 車両・乗務員毎のスケジュール一覧を表示。
  • 日毎の点呼簿を出力可能。
  • 乗務員の計画時の運転時間を集計して表示。
  • 計画の作成、修正が自動でスケジュールに反映。
    予定の重複を防ぐ。

02.タブレットを使った計画確認と動態管理開く

  • 管理者が作成した運行計画を乗務員が持つタブレットへ配信。
  • バスの動態管理を行うことが可能。
  • 遅延車両の発生状況をリアルタイムに可視化。
  • トークアプリのように、リアルタイムにメッセージを送信。効率的な情報共有が可能に。

03.日報を自動で出力開く

  • 各乗務員の運行後に運行管理者側で日報を出力可能。
  • タブレットで運行履歴を記録。記録した情報は日報へ反映。

04.安全教育に活用開く

  • 乗務員のタブレットへ動画や資料を配信。
    安全研修を空いた時間に行えるように。
  • 配信期間は任意に設定することができ、営業所ごとや個人ごとに自由に配信。

メリットMERIT

  • 作成時間の短縮

    手書きやエクセルで作成していた運行指示書がらくに作成できるので作成時間が大幅に削減されます。

  • Googleマップとの連携

    時間や距離はGoogleマップで算出するので、調べる手間がかかりません。

  • 使えば使うほど便利に

    作成したルートは変更や追加、複製もできますので使えば使うほど便利にご利用いただけます。

  • 安全基準に準拠

    国交省が定めた安全基準に沿った運行指示書を正確に出力できます。

  • 誰でも簡単に作成

    管理者のノウハウを蓄積するので、誰でも同じ指示書を作成することができます。

©2018 Google LLC、許可を得て使用。GoogleおよびGoogleのロゴは、Google LLCの登録商標です。

指示らくネットに関するよくあるご質問

クラウドシステム開発

サービスについての資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

アウトソーシングに関するご相談
092-588-9380

クラウドシステムに関するご相談
0942-87-3114